会社方針

当社は、電気部品と省力化機械の製造で顧客へ満足いただける商品を提供し、社会貢献を経営理念とし
その活動維持し、発展させるべく努力する。

  • 顧客重視 お客様の要望に迅速に対応できる、資源の構築
  • 教育の徹底 全社員の「品質管理・技術力・環境意識」を教育訓練実施によりレベルアップ実施
  • 環境負荷軽減 未来の人へ環境資源を継承するために企業の社会的責任を重視し、環境負荷を軽減していきます。

ニッケイインスツルメンツ株式会社 取締役工場長 藤田英男

企業メッセージ

昭和41年工場設立以来、当社は精密機器の製造を一貫して行って参りました。
また、製造に付随する省力化機器については自社で開発・設計・製造を行い作業効率を追及して参りました。
この省力化機器は販売も行い各分野でご好評をいただいております。さらに最近は 自社開発製品にも力を入れ、新しい分野に挑戦しています。

今後も、私たちが長年培ってきたノウハウを生かし、産業用各市場のご要望に応えるように開発に力を入れていきます。

弊社は社員の育成に最も力を入れております。
例えば、QC検定試験、技能検定の資格等の取得等、各種資格試験取得をバックアップし、社員ひとりひとりのスキルアップこそが、社業の発展であると考え、更なる技術会社を目指しております。

会社沿革

1966年小鹿野町誘致第1号として「株式会社日本計器小鹿野製作所」設立
1980年ホームビデオ組み立て開始
1986年美里町甘粕に事業所設立
1988年ファンモータ組み立て開始
1990年「ニッケイインスツルメンツ株式会社」へ社名変更
1991年サージアブソーバ製造開始
1992年工作機械導入し工場支援設備の提供開始
2008年ISO9001 ISO14001 認証取得

認証・表彰

2008年統合マネジメントシステム(ISO9001 ISO14001)認証取得